宿泊の場合

スキーツアーを宿泊で参加した場合、どのような楽しみ方があるのでしょうか。ここでは、メリット・デメリットについて分かりやすく解説し、宿泊で参加した場合の楽しみ方も合わせて紹介します。スキーツアーの参加方法に迷っている方は、参考にして下さいね。

スキーツアーを宿泊で参加した場合のメリットとは

宿泊付きのスキーツアーを利用したときに得られるメリットとして大きいのは料金が安上がりになることです。ホテルや旅館などの宿泊料金が割引になる仕組みになっているからです。ツアー会社が団体として予約する…

スキーツアーを宿泊で参加した場合にはデメリットはあるのか?

滞在時間が短い日帰りと比べて、現地に1泊以上するスキーツアーはメリットばかりだと言われています。しかし、そんな宿泊付きスキーツアーにも幾つかデメリットと言えることがあります。まずは日帰りだと1日間…

スキーツアーを宿泊で参加するとこんな楽しみが待っています

ウィンタースポーツの中でも人気のあるスキーは、シーズンになると各地のゲレンデを堪能できるスキーツアーが数多く企画されます。宿泊のツアーでは移動費や宿泊費、リフト券まで付いたツアーも多く、オプション…

日帰りの場合

スキーツアーを日帰りで参加した場合、どういったメリットやデメリットがあるのでしょうか?一般的に日帰りのスキーツアーは参加費が安いというメリットがあるようです。ここでは、日帰りで参加した場合のメリット・デメリットと共に、日帰りスキーツアーの楽しみ方も合わせて紹介します。

日帰りスキーツアーのメリットとは

日帰りスキーツアーの良いところは数えきれないほどありますが、まず最初に挙げられるのは何と言っても参加コストの安さです。1万円を超える料金設定のツアー商品は基本的に存在しません。ハイシーズンでも50…

日帰りスキーツアーに参加した際に起こりうるデメリット

「安い」「気軽に参加できる」など様々なメリットに注目が集まる日帰りスキーツアーですが、いくつかデメリットがある事は忘れてはなりません。まず第一に考えられるのが高速道路の渋滞問題です。バス会社が公表…

日帰りスキーツアーを思い切り楽しむ方法

現地を観光する時間を作る

現地のホテル・旅館に1泊するスキーツアーと比較して、日帰りツアーは滞在時間が短い関係で観光の時間を作れないのが大きな欠点といわれます。しかし、工夫すれば平均滞在時間が5時間から7時間程度の日帰りスキーツアーを思い切り楽しむ事は十分可能です。例えば、距離的に近いスキー場であれば遠方に行くよりもはるかに長く現地に滞在していられます。現地に7時間滞在できるスキーツアーに参加する場合は、最初の5時間を練習時間に充てて、バスに乗る前の2時間は観光を楽しむというのはどうでしょうか? わずかな休憩を挟んでずっと滑り続けていても、そんなに急には技術は上達しないと割り切れば問題ないはずです。後半に観光の時間を作れば、付近の温泉街や有名観光地を巡る事ができて、日帰り旅行をした気分にもなれます。

ゲレ飯を思いっきり堪能する

スキー場のレストランで提供される食事(通称=ゲレ飯)とは、施設維持費などが材料費・人件費に上乗せされるため高額です。そのため、節約中の人の中には、家からいつも食べているような何気ない食事(おにぎり等)を持参して食事を済ますような人も多いと言われます。ただ、各地のスキー場レストランでは一般的なメニューのほかにご当地食材をふんだんに使った料理も提供されている傾向です。そんな中、せっかく遠方までやってきたのに、そういったご当地料理を食べずに帰ってくるのは勿体ない事と考える事も出来ます。 極端に予算がない場合を除いて、日帰りスキーツアーに行く場合は現地に宿泊しない事などによって浮かせたお金を食費に充ててみてはどうでしょうか。日常生活で食べる事がないご当地料理を堪能するのはきっと良い思い出になるはずです。